おならが止まらない人は学校や職場でどう対処すればよいのか?

おなら 止まらない 学校 職場

 

おならが止まらないという悩みを持つ人にとって、もっとも問題なのが「学校・職場へ行けないというもの。
他人に相談すると「たかが屁がたくさん出るからって深刻に考えすぎだよ!」と笑ってくれる人ばかりですが、本人にとっては深刻な問題です。

 

というのも、普段からおならが止まらない症状が続いていると、授業中、職場のオフィスで常にオナラをずっと我慢しなければならなくなります。
授業や会社の仕事に集中できないのはもちろんですが、一番怖いのが「ちょっと気を抜いておならを出してしまい、臭い人とレッテルを張られたらまともな人間関係を作れなくなる」ということです。

 

私自身、学生時代や会社員をやっていた頃は、オナラを我慢し続け、その甲斐もなくオナラが漏れ出てしまい、女子からは馬鹿にされ、男子からは関わろうとする人もいなくなった苦い経験があります。
「社会人になっても普通の生活は送れないだろうし、生きていても意味がない。」と自分を追い詰め、自殺を考えたほどです。
(私が止まらないおなら体質を脱した方法については、こちらで紹介しています。)

 

そこで、ここでは学生や社会人の方で、おならが止まらない人が学校・職場でどう対処すれば良いのかについて考えていきたいと思います。

 

おならが止まらない人が学校や職場でできる対処法

 

人によって体質や生活習慣が違いますので、効果的な対処法も変わってくると思いますが、学校や職場へ務める人ができる対策についてまとめて紹介します。

 

病院で薬を出してもらう

おならが出過ぎる 病気 病院 医者 薬を飲む

 

まず、対処法として始めに出てくるのが、病院で薬をもらうというのがもっとも簡単な対策です。
おならが止まらない人の中には、内蔵の病気が原因の人もいます。その場合は、早期発見のためにも、早めに肛門科や消化器科の医者に診断してもらうべきです。

 

また、病気が原因でなくとも、便秘や腸内の働きが滞っているせいでおならが大量発生しているケースがあります。
便秘体質、腸内器官の強さに関しては、個人差があるのですが、病院から処方される薬が劇的に効く人もいます。
薬が抜群に効き、便秘や胃腸の不調が治ったら、今まで異常に出過ぎていたおならがピタッと止まるということもあります。

 

もし、生まれつきおならが出やすい人ではなく
「ある日を境に急にプップッと屁をこきやすくなった・・・。」
という場合は、まずは病院で受診し、薬などで治療に当たってみるのも良いでしょう。

 

ただし、私がそうだったのですが、薬が体に全く合わず、逆に調子が悪化する人もいます。
もし、体調に異変が起きた場合は、速やかに薬の服用を中止しましょう。

 

間食はできるだけ食べない

おならが止まらない 学生 対処法 間食

 

「間食は体にエネルギーを送るためにも良い習慣だ」という説もあり、確かにその通りだと思います。
しかし、間食を取る時と摂らないときとでは、腸内のガス発生率が変わることが明らかになっています。

 

また、間食で食べるものといえば、砂糖や油たっぷりのお菓子や冷たいジュース、ケーキなどが定番です。
これらのおやつは、腸内環境を悪くする原因となる他、体を冷やし胃腸の働きを弱めることにもつながります。

 

おなら対策に間食を絶つのにもっとも効果的な時間帯は、昼食と夕食の間に7時間何も食べない時間を作ることだと言われています。
おならが止まらない人で、間食が習慣になっている人は、お昼と夜ご飯の間に食べないよう意識してみましょう。

 

腸内環境が悪くなる食品を食べない

おなら 止まらない 学校 

 

個人差が大きく影響するないようですが、腸内環境が悪くなる食品は避けるべきです。

 

よくある例として、朝ごはんに冷たいアイスコーヒーとパンを食べるのが習慣の人もいるとは思いますが、体を冷やす食品は腸の動きを弱めます。
そして、パンなどの原料に含まれるグルテンを摂取することで、腸内に炎症を起こし、ガスを大量発生させてしまうという体質の人もいます。
あの有名なテニスプレーヤー・ノバクジョコビッチ選手も、セリアック病と呼ばれるグルテンに耐性を持たない人がかかる病気で苦しんだと語っているほどです。

 

また、脂っこい食事や肉・魚料理が腸内にあまり良くないというイメージを持っている人もいますが、野菜でもおならが増えやすくなる食材はあります。
キャベツなどのアブラナ科の葉物野菜や玉ねぎなどがその一つで、腸内で分解されると臭いおならが発生します。

 

最近では、、納豆やヨーグルト、キムチといったお腹に良さそうな発酵食品でも、腸内環境が乱れる原因物質になることが分かっています。
むやみやたらにお腹に良さそうな食材を取るのではなく、本当にお腹に良い食品を選んで摂取することが大切です。
お腹の調子が悪くなる食品リストについては、「お腹がゴロゴロ鳴っておならが止まらない原因とは?対策はできるのか」のページで紹介しています。

 

便秘対策

便秘体質の人は、おならも発生しやすくなります。
理由は、体内で長く残り続けた食品は腐敗し、そこから悪臭のもとになる有害ガスが発生するからです。
また、便秘は腸内の環境が悪くなる要因でもありますので、放っておくとさらにおならが出やすくなる悪循環に陥ります。

 

もともとうんちが出にくい体質の人は、食物繊維と水分を摂り、適度な運動をこころがける、善玉菌を増やす食品を食べるなどして便秘対策をするべきです。

 

適度な運動をこころがける

おならが出過ぎる 運動対策 便秘

 

学校で運動系の部活に入っていない人や、会社員でデスクワークが主な仕事の人は、運動不足になりやすいです。
運動不足が腸内に何か関係があるのか?疑問に思うかもしれませんが、あります。

 

腸周りの筋肉を動かすことで、腸のぜん動運動が正常に作動しやすくなる他、胃下垂のように腸が垂れ下がる症状も予防できます。
腸が下がると、正常に腸が機能できなくなるので、おなら対策にも対策な要素となります。

 

おならが出そうになったら、トイレか人気のいない屋外へ

おなら 止まらない 対処法 対策

 

屁をこく行為は公の場では避けるべきです。
しかし、だからといっておならを我慢するのは体にとって良い行動とは言えません。
それに、オナラを我慢すると、お腹がパンパンに張り、「グ―――」っと音が鳴って恥ずかしい思いをした人は少なくないはずです。

 

おならが出過ぎる人は、出ない体質にするのが一番ですが、ガスが発生してしまうと後の祭りです。
学校の教室や職場のオフィスで屁をこくことはできないので、すみやかに人気のいない屋外やトイレにかけこみましょう。

 

ちなみにですが、おならを我慢した時に出る「グーッ」という音ですが、実は他人からするとそこまで目立った音ではありません。
それよりも、「ブッ」と外へ出てしまうおならは、周りの人からもインパクト絶大なので、なるべくおならを我慢せず、できるだけ早く排出してしまいましょう。

 

おならが出過ぎて対策しても学校へ行けない・仕事もできない人へ伝えたいこと

おなら 止まらない 学校 

 

以上、学校へ通学している学生や仕事に忙しい社会人向けにできるオナラ対策についてまとめました。
しかし、おならが出過ぎる人の中には、これらの対処法を全て行っても解決できず、不登校になったり、会社を退職してしまう人もいます。

 

私もその中の1人でした。
私は「何とかいっぱしの人間として認められたい!」という想いもあったのですが、周りに臭いニオイでと音で迷惑をかけてしまうのが申し訳なくなる気持ちが高まっていきました。
その結果、高校生の時は不登校に、そして頑張って社会人になっても、最終的に退職する道を選びました。

 

ですが、今は自分の体を研究し、試行錯誤を重ねた結果、腸内環境をコントロールし、おならが止まらない体質から脱出することに成功しました。
私の行ったオナラ対策については、「おならが止まらない私による、出過ぎるオナラ原因と止める方法まとめ」のページでまとめていますので、止まらないおならに悩んでいる人はぜひ参考にしてほしいと思っています。

 

おならが出るということは、屁をこきやすくなる原因が必ずあるはずです。
そして、あなたにバッチリ合ったおなら対策を見つけ出せば、私と同じように生まれつきおならが出過ぎるような人間でも、一般の人と同じように生活できるようになると私は信じています。