断食するとおならが止まらない人の原因と対策

おならが止まらない 断食 原因

 

断食すると、おならが止まらないという悩みを持つ人はいるでしょうか?
断食は、体に食物を要れない事により、体内に溜まっている不要な物質を外へ輩出する、いわゆるデトックス効果があるとして、今も人気の健康法です。

 

その上、断食を行うと、胃を休憩させ、腸内環境を回復させ、腸内の溜まっているガスを減らすことにもつながると言われています。
おならが止まらない悩みを持つ過去の私も断食の効果に魅力を感じ、何度かファスティングを行っていました。
しかし、その時に感じたのが「なぜか断食すると、さらにおならが止まらない!?」という違和感でした。

 

断食するとおならが止まらない人の原因

 

「止まらないおならを止めるために断食したのに、オナラがさらに止まらなくなったら本末転倒ではないか!」
当時の私もそう思っていましたが、これには断食中、体内で起こっている3つの現象に原因があります。

 

ひとつ目は、体内の溜まったガスが出るという点です。
普段からオナラが出やすい人で、なおかつ腸の中におならが溜まっている人は、断食により溜まっていた腸内のオナラが排出されやすくなります。

 

ふたつ目は、断食によるデトックス効果で、体内の不要な物質から生まれたガスを排出しやすい身体になっている点です。
断食すると、老廃物や宿便が体外に排出されやすくなるといいますが、デトックスの効果が働いている最中は、一緒にガスも発生しやすく、また外にプッと出やすくなるのだと言われています。

 

そして、3つ目ですが、断食後は自然におならが出やすい体質になってしまうことがあります。
個人差もありますが、断食を行うことで、胃の消化吸収の働きは休んでいる状態です。
断食後、食べ物を胃の中に送り込むと、消化吸収が上手くいかず、そのまま腸へと流れ込みます。
その際に、元気な腸内細菌が食物の分解に本気を出すので、結果的に断食後はオナラが出やすくなってしまうのです。

 

一応、食べ物を食べ続けることで、胃の調子は元に戻りますが、元に戻ったところで、私のオナラが止まらない状態は続きました。
効果がある人もいるのでしょうが、もともと私の止まらないおならには、体質が劇的に改善することもなく、止まらないオナラへの効果はありませんでした。
ですが、健康には良いと思いますので、断食をすること自体はとても良いのではないかと思います。

 

ちなみに、断食ではなく間食を絶つことについては、おならの回数を減らす効果があると言われています。